個人向けのカードを使ってキャッシングのサービスをする場合に、どれくらいの利子でお金を借りているか把握しているでしょうか?個人向けのカードを持つ時には利率を心配して、どちらの業者に手続きするか考える人は大勢いるでしょうが、実のところ銀行又は金融機関が発行するカードを使用する時には、大半の方は何も考えずに「金欠だから借りるんだ」と利用していると思います。お金を返す時に月ごとにこの金額を納めれば良いのではと何となく払っている方が多いはずです。頭の片隅では利率が含まれている事を知っていても、それを実感しながら返している人は珍しいように思います。「どちらの個人向けのカードローンも同じだろう」と思っている人もいるかもしれませんが、少し考えてください。銀行又は金融機関が発行するカードをの手続きする場合には、どちらの銀行などが利息が低いのか見つけたはずです。中には初めに探した所に申し込んだという方も少人数とは思いますがいます。消費者金融によって決められた金利に違いがあるのです。そうしてその金利の範囲の違いは数%にも及ぶのです。結局使用するなら金利の安い方がリーズナブルなのは当たり前で、条件さえ揃えばかなりの低利子で利用できるところもあるはずです。ここで数社の利率を比較してみたいと思います。貸金業者の会社は大体5.4%から18%の枠の利率枠となります。ご覧のように最低利率で2%弱、最高利子だと4%もの違いがあります。どうでしょう?これだけ範囲があるので、やはり金利の安い銀行又は金融機関が発行するカードローンを使った方がお得なのではないでしょうか。ただ各会社の申し込みの場合の審査基準やサービスの対応に差が有りますので、把握しておきましょう。金融会社の中には1週間以内にお金を支払えば無利息で何度でも使用可能と言うサービスを提供している所もあり、数日しかローンすれば良い場合は、そう言う無金利で借りられる所を選んだ方がお得なはずです。